ブログ

なぜマリオットは、世界一のホテル企業になれたのか?

2016/01/08

先週ですが、宿屋大学さんのセミナーに行ってきました。

「なぜマリオットは、世界一のホテル企業になれたのか?}
スピーカーは 飯島幸親氏
 http://www.yadoyadaigaku.com/supporter/iijima.html

昨年、スターウッド(シェラトン等)を買収して、83カ国、5500ホテル企業になりました。
リッツカールトンも傘下にあり、そのサービスマネジメントにも興味があり受講しました。

結論からいうと
マリオットは、ホテル経営ノウハウを提供するビジネスを有する企業でした。

「所有はしない」マネジメントとフランチャイズをベース。
厳しいブランドスタンダードと世界的な予約システムにより、高いフィーを得ている。
ということでした。

ただ、そのブランドスタンダードは、
「安全と防火と清潔」にはじまり、徹底した「マリオット哲学」と人材育成にありました。
アソシエイト(従業員)を大切にする姿勢が貫かれています。

印象に残った言葉のひとつ

「顧客は色々と好みがありますが、確かな品質とサービスを提供さえしていれば問題はありません」

グッドマンさんの言葉にある

Do It Right First Time

を思い出しました。 お客様が求めているは見合った価値

コアサービスの大切さ。 成功している企業ほど基本の基本に忠実です。

哲学に関してはもう少し読み込もうと思います。

年明けに良い話しを聞きました。

ありがとうこさせいました。

>> ブログ一覧に戻る

セミナーに関するお問い合わせ、相談等はこちら

相談無料!お気軽にお問い合わせください。
セミナーに関して詳しく聞きたい方、自社の顧客満足度を上げたいとお考えの方etc...
いつでもお気軽にご相談ください。相談無料です。

お問い合わせ

顧客ロイヤルティ協会協力 書籍紹介

一生離れないお客さまをつくる方法

佐藤知恭先生 書籍紹介